紫外線対策の効果を得るにはUV400に適合しているサングラスを選ぶことをおすすめします。

レンズの色は関係ない!UVカット性能がついているサングラスを選ぶ方法

 

サングラスはレンズの色の濃いほど紫外線対策効果が高いと勘違いされがちです。
実際にはレンズの色はあまり関係なく、UVカット性能が付いているかがポイントです。

 

透明なレンズでもUVカット性能が付いていれば目肌焼け対策はできますし、真っ黒なサングラスでもUVカット機能が付いていなければ意味がありません。

 

自分に似合うサングラスを選ぶ方法についてはこちら

 

 

UVカット機能のない濃いレンズは危険

UVカット機能のない濃いレンズの危険性を訴える博士

サングラスのレンズは色が濃いほど遮光性が高くて視界は暗くなります。

 

目は暗いところになると、瞳孔を開いてより多くの光を取り込もうとします。

 

色の濃くて遮光性の高いサングラスを付けると、瞳孔も開いてしまいます。

 

レンズにUVカット機能がついていればいいのですが、濃いレンズでUVカット機能がないと開いた瞳孔から紫外線を浴びてしまうので、サングラスをかけていない状態よりも紫外線の影響を大きく受けてしまいます

 

サングラスを選ぶときはUVカット機能は必須で、ファッション性の高くて安くてレンズの濃いサングラスは目肌焼け対策で逆効果になってしまうことを覚えておきましょう。

 

ファッション雑貨のお店で安く売っているものではなく、メガネショップで店員に相談しながら決めた方が無難です。

 

 

UVカットレンズの表記

紫外線カット率(UVカット率)紫外線透過率の2種類の表記があります。
また、近年ではUV400の期各基準をクリアした商品が人気になっています。

 

紫外線カット率と紫外線透過率はほぼ同意語で数値の基準が逆になります。

 

紫外線カット99%だったら、紫外線の99%は通さない意味、紫外線透過率1%だったら紫外線を1%しか通さない意味になって性能は同じです。

 

紫外線(UV)と大きく表記しているものは、性能が高いものを選ぶべきです。

 

紫外線カット70%など中途半端な性能になると商品ごとで、効果や適正が異なってきます。

 

地上に降り注ぐ紫外線にはUV-AとUV-Bと異なる波長があって、天候や季節でリスクの高い紫外線の波長が異なります。

 

紫外線透過率30%の商品でも、強烈な日差しのUV-Bが降り注ぐ日に、UV-Bの透過率が高ければ効果は少なくなります。

 

紫外線の種類やUV-A、UV-Bの特徴については、こちらのページで詳しく紹介しています。

今さら聞けない!UV・SPF・PAの意味

 

異なる波長のなる紫外線の特性から注目されているのが、オーストラリア発祥の波長で表記したUV400規格です。

 

紫外線の波長はもっとも高いUV-Aで400が上限になり、UV400は波長400以下の紫外線をカットします。

 

つまり、UV400は地上に降り注ぐ紫外線の波長を全てカットしてくれます。
確実な効果を期待する場合はUV400に適合している商品を選ぶと良いでしょう。
色付きサングラスが苦手という方向けに、クリアレンズのUV400対応商品も多数販売されています。