目肌焼けには充血を抑えつつ、角膜を修復・保護する効果がある目薬がおすすめです。

目肌焼けにお勧めな目薬

 

目肌焼けが注目されるようになって、紫外線対策を売りにした目薬が増加しています。
お勧めの目薬(商品)と目肌焼け対策用の目薬を選ぶ時のポイントをまとめました。

 

目肌焼け対策用目薬のおすすめ商品

 

サンテ メディカルガード EX

価格:1,600~1,800円
特徴:紫外線などによるダメージから角膜を修復・保護し、それに伴う目の疲れや炎症を抑える高性能の目薬です。

 

メーカーからも目肌焼け対策に最適な商品として紹介されています。

 

 

バイシンUV

価格:500~700円
特徴:UV対策に特化した目薬です。

 

硫酸亜鉛水和物の収れん作用とコンドロイチン硫酸エステルナトリウムによって、傷ついた組織・角膜を修復・保護します。

 

成分的には角膜修復機能を明記した目薬と大きな差はありません。

 

UVカットではなく修復に特化した目薬であることを理解して活用しましょう。

 

 

ロート デジアイ

価格:600~900円
特徴:ブルーライトによるダメージに特化した目薬です。

 

仕組み的にはブルーライトと紫外線はほぼ同じなので、デジアイに限らずPCやスマホによる疲れ目対策に強い目薬は一定の効果を期待できます。

 

デジアイはネオスチグミンメチル硫酸塩によって、ピントボケなど凝り固まった目をほぐす成分が配合されています。

 

角膜修復に効果的な活性ビタミンB2も豊富に配合し、ロート独自の製法で有効成分を最大濃度配合しています。目肌焼け対策と同時に、スマホやPCなどのデジタル機器による疲れ目対策をしたい方にお勧めです。

 

 

目薬選びのポイント

目肌焼け対策の目薬は充血に効果があるものなら、なんでも一定の効果があります。
紫外線をあびてダメージを受けると、目が充血します。

 

充血を抑える目薬を利用すれば、目のダメージが軽減されてメラニンの生成を抑制させる効果があります。

 

なるべく、充血を抑えるだけではなく角膜補修の効果がある目薬を使って、目にダメージを蓄積させず健康的な状態でバリアを心がけましょう。

 

目薬を使いすぎるとドライアイになりやすいデメリットもあります。
有効成分を高配合している目薬を選んで、目薬を使う回数を抑えることも大切です。

 

全般的に刺激が強すぎない物の方がドライアイ対策に効果的です。

 

最低でも角膜の組織代謝を促進してダメージ修復をうながす活性ビタミンB2と、コンドロイチンなど角膜に潤いを与える成分が配合された商品を選びましょう。

 

 

製薬会社もサングラスの使用を呼びかけている

サンテシリーズなどを販売する大手製薬会社の参天製薬は、日本人が欧米人より1.66倍も目から紫外線を浴びやすいデータを紹介し、サングラスの使用を呼びかけています。

 

日本人の顔は彫りの深い欧米人に比べて、あらゆる角度から紫外線を浴びやすい要因から、サングラスはなるべくフレームが大きい物がお勧めです。

 

日本人は、瞳の光彩の色が濃いため、太陽の眩しさを感じにくく、知らないうちに目がダメージを受けて目肌焼けに発展しやすいです。
眩しくなくても日中の外出はサングラスと目薬の双方から目の紫外線対策を行いましょう。

 

参考元:参天製薬株式会社~意外と知らない!? 「目の紫外線対策」のウソ・ホント~