サングラスはメガネと共通する部分が多く、顔の形に合った形状のものを選びましょう。

自分に似合うサングラスを選ぶ方法

 

サングラスは目肌焼け対策の観点で見れば、なるべくフレームとレンズの大きいタイプが理想です。

 

お洒落にサングラスをかける女性

しかし、サングラスは屋外でつけるもので、ファッション性が高くないと日常的に着用するクセが付きません。

 

一般女性のアンケートでは、目肌焼けのリスクを認識していてもサングラスをかけない人からは、「サングラスは似合わない」、「どのサングラスが自分に似合うか分からない」といった意見が目立ちました。

 

サングラスは、付けることに意味があるので、紫外線の防御力を重視した大きいレンズのものを選ぶのではなく、ファンション性が高く自分に似合う商品を選ぶことが大切です。

 

そもそもなぜサングラスをかけなければならないのか?

 

 

女性用サングラス選びの基本

  • 眉毛は出すぎず、見えるか見えないかの眉毛に沿ったフレームデザインか、少し眉毛が見えるくらい
  • 丸みを帯びたブリッジデザイン(角ばった男性はメンズ向けの印象が強い)
  • エレガントを重視するなら細めのテンプル、カジュアルを重視するなら太めのテンプル

 

女性向けサングラスはデザイン的にもレンズの大きいタイプがトレンドになっています。
レンズの色を含めファッションに応じて複数の種類を使い分けるのが理想です。

 

 

レンズの色

レンズの色ごとの特徴をまとめました。

 

グレー系

もっとも一般的なサングラスのレンズです。
UVカットと遮光効果も高くサングラスの中でもフォーマルな位置づけです。
冷たい表情に見せてしまう効果もあるので、クールに決めたい方にオススメです。

 

ブラウン系

女性用サングラスで人気の高いレンズのひとつです。
レディースの服と合わせやくすて、色味的にはセレブな雰囲気を出しやすいですがカジュアルな服とも合わせやすいです。UVカットと遮光効果も高く、無難なレンズカラーです。

 

ブルー系

男性は薄いブルー系が人気ですが、女性の場合はミラー調のブルーが人気です。
派手なサングラスになり真夏やビーチによく合います。
涼しげな印象を与えるので、ファッションもサングラスにあった明るい色合いにすることがポイントです。

 

イエロー系

肌の色とも合わせすく、日差しの少ない日にオススメです。
薄い色のレンズが人気で日差しの強い日には眩しく感じてしまいます。サングラスの中でも明るい視野を確保できるので曇りの日に活用するアイテムとして持っておくと便利です。

 

 

 

顔の形で形状を選ぶ

メガネと共通する部分が多いですが、顔の形状にあった形状を合わせましょう
サングラス選びの基本をまとめました。

 

丸顔はスクエアなど角ばったデザイン、四角顔は丸みのあるデザイン

丸顔に丸いサングラスを合わせると、顔の丸みが際立ってしまいます。
逆に四角い顔はラウンド型など丸みのあるタイプとの相性が良いです。

 

面長顔は縦に長いサングラス

ウェリントンやディアドロップが定番です。
スタイリッシュな形を選ぶと顔の長さが際立ってしまいます。

 

三角顔は小さめのサングラス

スクエアやブローがおすすめ。ボストンも人気です。
三角顔のスッキリした顔のフォルムをアピールできるように、小さめのサングラスがよく似合います。