レイバンのサングラスはデザインや質感が良いだけではなく、実用性を兼ね備えているのが魅力です。

やっぱりすごい!レイバンのサングラス

 

レイバン(Ray-Ban)は1937年に登場したサングラスブランドです。

 

男女問わず高い人気を誇るトップメーカーで、レディース向けサングラスの売れ筋ランキングでも常に上位に複数商品ランクインしています。

 

Ray-Banを和訳すると日差しを遮るという意味があり、長年サングラス専門ブランドとして実績を積み重ねてきました。

 

コンタクトレンズでも有名なアメリカのボシュロム社が生み出したブランドで1990年にイタリアのルックスオティカ社に売却されています。

 

レイバンの魅力はデザインと質感が良いだけではなく実用性を兼ね備えているのが特徴です。

 

機能性が高い

レイバンの特徴はデザイン性よりも機能性を重視していることです。

 

男性向けモデルではアビエイターモデルというマッカーサーが付けていてトムクルーズも愛用するコワモテスタイルが代名詞になっていますが、全般的にはオーソドックスな商品が多いです。

 

デザインだけを重視して機能性を失っている商品が少ないのが魅力です。
同じデザインでもレイバンのサングラスをかけるとフィット感が良いのが人気の秘訣です。

 

日本人の低い鼻にもよくフィットする

ハリウッドセレブの御用達アイテムとしても有名なレイバンですが、日本人との相性も良いです。

 

低い鼻用の鼻当てタイプの商品があるので、日本人にもよくフィットして、サングラスが下がっていくことはありません。

 

レイバンのロゴ

 

ラウンドタイプなどフレームの少ないサングラスも売れ筋商品で、類似品と比べて安定した着け心地になるため、購入者の満足度が高くリピーターも高いです。

 

日本でも人気になったのは口コミの影響があります。

 

視認性が良い

レンズには幅広い種類とカラー、濃さがありますが、レイバンのサングラスは濃いレンズを選んでも視認性が高いです。

 

同じ濃さのレンズの中でもレイバンの視認性はトップクラスで赤や青などの色も認識しやすいです。

 

視認性の低いサングラスにすると目の瞳孔が開いて視覚を確保しようとするため、隙間から入ってくる紫外線や外した直後に受ける紫外線の影響を強く受けます。

 

視認性が良いのは、着けているときの快適性だけではなく紫外線対策にも良い効果をもたらします。

 

 

質感が良い

レイバンのサングラスは一流品でトップブランドに恥じない質感を持っています。
具体的には次の特徴があります。

 

  • 高級感がある
  • 傷がつきやすい
  • 割れにくい
  • 耐候性が良い

 

3流ブランドのサングラスを使っていた人がレイバンを買うと質感の違いを実感できます。
値段は少し高くても長く使えることを考えればお得感はあります。
全体的に機能性重視で流行の影響を受けにくいことも人気の秘訣です。
ガラス製でも割れにくいので、高級サングラスのデメリットを補っています。

 

簡単にまとめるとレイバンのすごさは総合力の高さでデメリットはほとんどありません。

 

値段は高めでも、価格に見合う価値があってデザインと耐久性の双方で長く使えるメリットがあります。