紫外線から目を守ることが、大人のキレイ肌につながる

紫外線が目に当たることで、女性が悩まされる
シミの原因となる『目肌焼け』を引き起こす

橋田先生は眼科医として、『目肌焼け』をどうお考えですか?

井上先生の研究から、目に紫外線が当たると角膜に炎症を起こし、数々のホルモンを生成し、メラニン産生細胞であるメラノサイトを刺激して、目以外の肌にもメラニンを生成させてしまう『目肌焼け』のメカニズムが解明されました。このことは、目から入る紫外線をより意識して対策するきっかけになるでしょう。

サングラスイメージ

紫外線は目には見えないため、日常的にサングラスなどで対策をする方は欧米諸国と比べてもまだまだ少ないです。しかし医学的見地では、紫外線は『目肌焼け』の原因でもある角膜の炎症や、ドライアイを引き起こすなど、目に悪影響を及ぼすことがわかっています。また、翼状片や白内障、加齢黄斑部変性症など眼病の原因のひとつにもなるので、サングラスなどで紫外線をカットすることが大切です。

『目肌焼け』の視点からも、目の健康の視点からも、サングラスで紫外線対策をしていただきたいですね。

目肌焼けを予防するサングラス

紫外線から目を守り、『目肌焼け』対策をするには、レンズが目を覆うように
大きいもので、UVカット機能に優れたサングラスがおすすめ!

『目肌焼け』の症状から目を守るサングラスを選ぶときに、注目すべきポイントを教えてください。

紫外線から目を保護するために使っていただきたいのがサングラスです。しかし、サングラスならどれでも良いというわけではありません。

眼科医の視点からおすすめしたいサングラスは、レンズが大きくて目を覆うような形です。レンズの上や横から入り込む紫外線をガードしてくれます。さらにUVカット機能のあるコンタクトレンズの上にサングラスをすることで、より効果的に紫外線を防ぐことができるんです。

サングラスイメージ

また、レンズの色にも注目してみましょう。暗いところでは瞳孔が開いて光を取り込むので、UVカット機能のない濃い色のサングラスを着用すると、より多くの紫外線が目の奥に到達する可能性があります。濃い色のサングラスを選ぶ際は、よりUVカット機能に注意することが必要なんですよ。

暗い色のレンズは紫外線カット効果が高いと思っている方も多いですが、色よりもUVカット機能が『目肌焼け』対策には重要なのですね。

サングラス選びはUVカット表記にも注目

「紫外線透過率」「紫外線カット率」「UV400」の表記に注目することで、
『目肌焼け』対策に効果的なサングラスを選ぶことができる!

サングラスにはUVカットが表記されたものもありますが、なにを基準に選ぶのが良いのでしょうか?

「UVカット」や「UVケア」と記載されていても、注意が必要です。家庭用品品質表示法では、品質表示を適正にわかりやすくするため、「サングラス」には紫外線透過率の記載が義務づけられています。UVカットの表記にはいくつか種類がありますので、次にご紹介する事項が商品に記載されているかなど、信頼できる情報を参考にしましょう。

サングラスイメージ
紫外線透過率
「紫外線をどのくらい通すか」の割合です。1.0%など、数値が低いほうがより多くの紫外線を遮断することができます。
紫外線カット率
「紫外線をどれくらいカットするか」の割合です。99%など数値が高いほうがより多くの紫外線をカットします。
UV400
紫外線量が多いオーストラリアの規格です。紫外線はUVA(波長315~400nm)、UVB(波長280~315nm)、UVC(波長100〜280nm)に分類されますが、このうち地表に到達するのがUVA とUVBです。UV400は、現段階でわかっている人体に悪影響を及ぼすとされる400nm以下の紫外線をカットすることができます。日本の基準はUVBの波長帯域を中心に、280〜365nmをどれくらいカットするかを表示することを義務付けているので、いかにオーストラリア基準が厳しいのかが伺えますね。

サングラスを選ぶときには、ぜひこれらのUVカット表記に注目してみてください。

『目肌焼け』対策に効果的な高性能なサングラスを買うときには、メガネの専門店や百貨店のサングラスコーナーなど、信頼のおける店舗で、サングラスについて見識のある方に相談しながら買うのがおすすめですよ。

写真:橋田節子

はしだ眼科クリニック院長/日本眼科学会認定眼科専門医

橋田節子

1992年香川大学医学部卒業、久留米大学眼科学教室、済安堂井上眼科病院、井上眼科病院付属お茶の水眼科クリニック所長、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校眼科学教室客員助教授、2006年より現在、はしだ眼科クリニック院長。